建築設備検査報告書:富山・石川県での赤外線サーモグラフィーによる外壁調査・特殊建築物・建築設備検査報告書はお任せ下さい。

建築設備検査報告書

建築設備定期検査

建築基準法第12条の規定に基づいて、特定行政庁が指定する一定の用途・規模以上の検査対象建築物に設けられた建築設備(換気設備、排煙設備、非常用の照明装置、給水設備及び排水設備)に関して、その所有者又は管理者は定期的に検査資格者による検査を実施して、その結果を特定行政庁に報告しなければなりません。 この定期報告制度は、多くの人が利用する建築物(劇場、ホテル、百貨店、病院、学校、飲食店、共同住宅、事務所等)に設けられた安全、衛生、防災、避難上の重要な建築設備を適正に維持管理することにより、建築物の事故や災害等を未然に防止しようとするものです。

検査対象建築設備

換気設備

建築設備検査における換気設備検査とは
換気扇による換気状況・給排気機の作動・換気量確保の為の風量測定・防火ダンパーの作動状況などを検査します

排煙設備

建築設備検査における排煙設備検査とは
排煙口周囲の現状及び維持管理状況・排煙機の設置及び作動状況・予備電源(自家用発電装置または直結エンジン)の作動状況などを検査します

非常用の照明装置

建築設備検査における非常用照明装置設備検査とは
器具は予備電源(バッテリー等)の設置及び作動状況・明るさ確保の為の照度の測定などをします

給水設備及び排水設備

建築設備検査における給排水設備検査とは
高置水槽、受水槽の現状及び維持管理状況・高置水槽・受水槽の通気管・水抜き管・オーバーフロー管等の設置状況・給水ポンプの作動状況などを検査します

料金

金額についてはこちら定期報告サービスからどうぞ

お問合せ・お見積りはこちら