外壁調査:富山・石川県での赤外線サーモグラフィーによる外壁調査・特殊建築物・建築設備検査報告書はお任せ下さい。

外壁調査

資格者による外壁調査

弊社の外壁調査はJAIRA(日本赤外線劣化診断技術普及協会)のステップ2資格者が行います。JAIRAが定める「JAIRA法」に準じた調査方法により、信頼性の高い外壁調査をご提供します。
JAIRA法による外壁調査はステップ2資格保有者のみが使用出来ます。

赤外線サーモグラフィーを使った外壁調査の特徴

従来の外壁調査といえば、目視検査と打診検査でした。この方法で調べるときには、大がかりな足場を組み、職人が一つ一つ調べるので、非常に多くのコストや時間などを必要とします。
しかしこれら従来の方法に変わるものとして、赤外線外壁調査が国交省から認められました。これは赤外線サーモグラフィーを使用することで、遠方から調査することができ、安全かつ短時間で現地調査を行います。
弊社では標準レンズの他、広角レンズ、2倍望遠レンズを完備しております。標準レンズでは対応できない中高層の建物にも対応しております。(場所等により対応できない場合があります)

工法の比較

打診法赤外線法
安全性足場が必要になる遠距離から調査できます
作業性仮設・調査に時間がかかる現場調査は短時間で終わります
記録化データ化に問題デジタルデータとして残ります
経済性仮設費が発生します仮設の足場費は不要です
居住性プライバシー・風通し等に問題あります足場がないので、問題ありません
防犯性足場により、問題あります足場がないので、問題ありません
美観足場により損なわれます足場はないので損ないません
天候制約なし雨天等の影響を受ける

ロープ等による打診調査

赤外線サーモグラフィーで撮影出来ない箇所は、高所作業車又はロープによる打診調査を行います。

料金

金額についてはこちら赤外線サーモグラフィー調査サービスからどうぞ
お見積り依頼の際には、配置図、平面図、立面図をご用意ください。
お問合せ・お見積りはこちら