赤外線サーモグラフィー調査:富山・石川県での赤外線サーモグラフィーによる外壁調査・特殊建築物・建築設備検査報告書はお任せ下さい。

赤外線サーモグラフィー調査

弊社の外壁調査はJAIRA(日本赤外線劣化診断技術普及協会)のステップ2資格者が行います。

赤外線サーモグラフィーを使った建物調査のご提案

外壁調査

屋根防水調査

その他の調査

赤外線サーモグラフィー調査

赤外線とは?

あらゆる物体の表面からは、表面温度に応じたエネルギーを放出しています。このエネルギーのことを赤外線(赤外線放射エネルギー)と言います。

赤外線サーモグラフィーとは?

赤外線を熱画像としてとらえる機器になります。赤外線サーモグラフィーを使用することで、物体の表面温度を画像データとしてとらえます。
例えば外壁タイル等を計測します。剥離部と健全部の熱伝導による温度差により、赤外線による熱画像と可視画像より劣化状況を診断します。
また建物の表面温度差を計測します。含水状況の部分(雨漏りや結露)が存在すれば温度は低くなるので、赤外線(熱画像)から雨水の存在位置を把握することができます。

赤外線サーモグラフィーの特色

非破壊・・・基本作業として建物の撮影になりますので、建物を傷つけづ診断します。
非接触・・・建物から離れての作業になりますので、足場組みが必要ありません。
短時間・・・現場での作業時間は少ないので、周囲等にあまりご迷惑はおかけしません。
デジタル・・・熱画像として記録します。
納得・・・調査結果を言葉ではなく、画像で説明させていただきますので、わかりやすい。

報告書業務の流れ

1.見積依頼・お問い合わせ

JAIRA(日本赤外線劣化診断技術普及協会)のステップ2資格者のいる弊社にお問い合わせください。
お問合せ・お見積りはこちら

・延床面積をお聞かせください。
・図面は、配置図・平面図・立面図・矩形図が必要になります。

2.予備調査(ヒアリング・資料チェック)

ご依頼頂きましたら、調査の前に予備調査をさせていただきます。
建物の状況の確認、現地調査の日程等を決めます。
この時に関係書類をお預かりいたしますのでご準備をお願いします。

関係書類
・設計図書
・増改築等を行った場合は、その図面等
※関係書類がご不明な場合は、打ち合わせ時にご質問させていただきます。

3.現地調査

建物の調査を行います。
・入居者様やテナント様には、事前に建物調査の日時の掲示をお願いします。

4.報告書の作成・提出前打ち合わせ

調査結果を報告書にまとめます。報告書をもとに浮き等の説明をさせて頂きます。